帽子をかぶっているとAGAが進行しやすいって本当? その真偽を検証!

帽子をかぶっているとAGAが進行しやすいって本当? その真偽を検証!

「帽子をかぶっているとAGAが進行しやすい」というウワサを聞いたことがある男性はいると思います。確かに帽子は汗をかいたり通気性が悪くなって頭が蒸れたりして、抜け毛や薄毛につながりやすいというイメージがありますよね。
しかし、帽子をかぶる習慣は髪や頭皮に良い影響をおよぼすともいわれています。今回は、帽子をかぶるとAGAが進行するというウワサの真偽について検証していきます。

 

「帽子をかぶるとAGAが進行する」って本当?

まずは、帽子をかぶるとハゲるというウワサの真偽を探っていきましょう。
帽子をかぶったときに頭皮が蒸れて汗をかきやすいと感じる方は多いと思います。また、帽子が頭を締めつけたり、帽子をかぶるときに髪や頭皮がこすれたりするのが良くないのではと感じる方もいることでしょう。
しかし実は、帽子をかぶるとAGAが進行するという医学的な根拠はないのです。ほとんどの帽子は繊維素材なので、通気性が損なわれたり締めつけが起きたりすることは少ないといえるでしょう。

 

帽子をかぶるときに気をつけたいポイント

帽子をかぶっていても、髪や頭皮はそこまで蒸れることはありません。しかし、汗をかいた状態で長時間帽子をかぶっていると頭皮に皮脂汚れが溜まって雑菌が繁殖してしまうこともあります。また、サイズが極端に小さい帽子をかぶって頭が圧迫されると、血流が悪くなって毛母細胞に十分な栄養が届かなくなるケースも考えられます。
髪や頭皮を守るためにも、帽子は適切なサイズのものを選びたいですね。また、汗をかいたときにはこまめに拭くように気をつけることも大切です。

 

AGAに悩んでいる方こそ帽子をかぶるべき?

帽子は「薄毛がコンプレックスになっている」「髪が薄くておしゃれが楽しめない」という方にこそおすすめです。おしゃれな帽子を取り入れれば、薄毛を気にせずファッションを楽しむことができ、外出も楽しくなることでしょう。髪の薄さがコンプレックスになっているという方は、日々の生活に上手に帽子を取り入れてみましょう。

 

帽子にはAGAの進行を防ぐ効果も期待できる?

帽子には、ダメージから髪を守ってくれる嬉しい効果があります。
屋外に降り注いでいる紫外線は、髪や頭皮に大きなダメージを与えます。紫外線を浴びると髪のキューティクルが剥がれやすくなり、頭皮の乾燥や炎症も起きやすくなるのです。外出時に帽子をかぶれば、紫外線のダメージから髪や頭皮を守ることができます。
帽子には、外気の乾燥が頭皮に与える悪影響を防ぐ効果もあります。帽子をかぶれば頭皮が適度に保湿されて乾燥しないので、頭皮環境が改善しやすくなるのです。

帽子をかぶっているとAGAが進行しやすいって本当? その真偽を検証!

帽子をかぶるとAGAが進行しやすいというウワサは真実ではありません。それどころか、帽子には髪や頭皮をAGAから守ってくれる効果もあるのです。
帽子をかぶるときには蒸れや血行不良が起きないよう十分注意しましょう。正しい知識を持って上手に帽子を活用すれば、AGA対策をしながらおしゃれを楽しむことができますね。