薄毛の原因は睡眠不足にあった? 睡眠を効率よくとって薄毛を防ごう

薄毛の原因は睡眠不足にあった? 睡眠を効率よくとって薄毛を防ごう

「睡眠不足が続くと抜け毛や薄毛が進行しやすくなる」といわれます。髪の健康を保つためには、きちんと睡眠をとることがとても大切です。
とはいえ、忙しい生活を送っており睡眠時間をたっぷりとるのが難しいという場合もあると思います。そこで今回は、それぞれの生活サイクルに合わせて効果的に睡眠をとるポイントについて紹介いたします。

 

睡眠不足が薄毛を引き起こすメカニズム

人間が寝ている間には、髪の成長や回復を促進する成長ホルモンが分泌されます。髪は成長ホルモンの働きによって合成されるため、よく眠ればその分髪は太く長く生えやすくなるのです。しかし、ぐっすりと深く眠れなかったり短時間しか睡眠がとれなかったりすると、成長ホルモンが分泌されにくくなり、髪も伸びにくくなります。
また、睡眠不足が続くと自律神経の乱れが起きやすくなるものです。すると代謝に異常が生じやすくなり、血行不良が起きて髪に必要な栄養が頭皮にいきわたりにくくなります。睡眠不足によってストレスが蓄積すると、円形脱毛症などの症状が起きる可能性も考えられます。

 

きちんと睡眠をとって薄毛を防ごう

薄毛を防いで髪の健康を守るためにも、できるだけきちんと睡眠をとるよう心がけたいですね。
人間は睡眠中に、眠りの浅いレム睡眠と、眠りの深いノンレム睡眠を繰り返しています。個人差もありますが、レム睡眠とノンレム睡眠は80分から110分程度の周期で起きると考えられます。そのため、睡眠サイクルの平均である90分のサイクルを5回程度、合計で7時間半以上眠るのが理想的です。もちろん、それ以上長い時間眠れるのであればそれに越したことはありません。

 

深い睡眠をとるためのポイント

十分な睡眠のためにも、就寝前にカフェインを摂取したり、スマホやゲームをしてブルーライトを浴びたりするのは避けたいですね。眠くなりやすいからと寝る前にお酒を飲む方もいますが、この行為もNGです。睡眠前にお酒を飲むと眠りが浅くなりやすくなるため、寝酒はできるだけ避けましょう。
白湯を飲んで体を温め、ゆったりした音楽を聞いて体をリラックスさせれば、ぐっすりと眠りやすくなりますよ。

 

短時間の昼寝も薄毛予防・改善に効果的

睡眠不足が続いている方は、可能ならば日中に30分程度の昼寝時間を確保してみましょう。昼食後に椅子に寄りかかったり机に突っ伏したりとリラックスできる姿勢で、1時間以内の睡眠をとります。1時間以上眠ると夜眠りにくくなるため、昼寝は短時間に留めましょう。
昼食後の昼寝には、心身をリフレッシュさせ集中力を高めてくれる効果があります。睡眠不足が解消されて自律神経も整いやすくなるので、薄毛の予防や改善効果も期待できますよ。

薄毛の原因は睡眠不足にあった? 睡眠を効率よくとって薄毛を防ごう

薄毛の進行を食い止めるためには、ぐっすりと睡眠をとることがとても大切です。しかし、毎日忙しく十分な睡眠時間を確保できないという方もいることでしょう。この記事では効果的に睡眠をとって薄毛を予防する方法を紹介いたします。