ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因に!? 抜け毛のメカニズムとは

ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因に!? 抜け毛のメカニズムとは
 
薄毛や抜け毛には様々な原因がありますが、ヘアサイクルの乱れもその一因として考えられています。乱れたヘアサイクルを改善することで、脱毛症状が軽くなることもあるのです。

ヘアサイクルが薄毛や抜け毛とどのような関係があるのか、ヘアサイクルが乱れる原因とは何かをご説明しましょう。
 

ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜けるまでの周期です。髪の毛は一定の周期を終えると抜け落ちますが、また同じ毛穴から新しい髪の毛が生えてきます。ヘアサイクルには「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階があります。

成長期

新しい髪の毛が伸びて活発に成長する時期です。2〜6年程度とヘアサイクルの中で最も長い期間とされています。全体の髪の毛の約90%が成長期にあたります。

退行期

髪の毛を成長させる働きが徐々に弱まり、毛球の退縮が始まります。およそ1〜2週間で毛球は完全に退化します。

休止期

完全に成長の止まった髪の毛が抜けるのを待っている時期です。新しい髪の毛に押し出されたり、洗髪やブラッシングなどに刺激されたりして古い髪の毛が抜け落ちます。約3〜4ヶ月で休止期は終了します。
 

ヘアサイクルの乱れは薄毛の原因

ヘアサイクルの休止期に髪の毛が抜けることは自然な現象です。正常な場合でも1日に100本前後は抜けるといわれています。しかし、何らかの原因でヘアサイクルが乱れると、髪の毛が育たなくなります。
ヘアサイクルの乱れとは、「成長期の期間が短くなる」ことです。成長期が短いと髪の毛が十分に育つ前に退行期に入り、細くて短いままの髪の毛が増えます。
また、成長期が短く休止期が長い状態では、生えてくる髪の毛よりも抜けおちる髪の毛の方が多くなり、薄毛の原因に繋がるのです。
 

ヘアサイクルが乱れる原因

正常であったはずのヘアサイクルはなぜ乱れてしまうのでしょうか?考えられる原因を見てみましょう。

生活習慣の乱れやストレス

偏った食事や、飲み過ぎ・食べ過ぎによる内蔵の酷使によって薄毛が引き起こされることがあります。髪の毛の成長に必要な栄養が頭皮に十分に行き届かず、ヘアサイクルに悪影響が出るといわれています。また、慢性的なストレスは自律神経の乱れを引き起こして血行不良の原因となります。頭皮の血流が悪くなると健全なヘアサイクルが維持できず、薄毛や抜け毛の原因となります。

喫煙

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があります。喫煙後は全身の血流が滞りやすくなり、頭皮への栄養供給が十分に行われにくくなります。日常的に喫煙をする方はヘアサイクルの乱れが生じやすいといえるでしょう。

季節

「寒くなってくると抜け毛が増える」と感じる方はいませんか?ヘアサイクルの特徴として、秋は自然脱毛が増加する傾向があります。休止期の毛量が最も多くなるのは7月といわれています。そこから3ヶ月後の10月あたりから抜け毛が多くなるため、秋口に薄毛を実感する方が多いようです。再度成長期が始まれば毛量は元に戻るので、季節性の抜け毛はあまり心配する必要はないでしょう。
 
ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因に!? 抜け毛のメカニズムとは
 
ヘアサイクルは様々な理由によって乱れやすい繊細なものです。日常生活で常にヘアサイクルを意識するのは難しいですが、頭皮に違和感があるときはヘアサイクルが乱れている可能性があります。薄毛や抜け毛が進行する前に、普段の生活習慣の見直しから始めてみましょう。