ストレスでAGAを発症することはあるの? ストレスと薄毛の関係性とは

ストレスでAGAを発症することはあるの? ストレスと薄毛の関係性とは
 
「ストレスが原因で髪が抜ける」といわれることは多いものです。実際、ストレスフルで抜け毛が増えたり円形脱毛症に悩まされたりという経験を持つ男性もいるのではないでしょうか。

しかし、ストレスが原因で脱毛することはありますが、ストレスとAGAの発症には因果関係はないといわれています。今回は、ストレスとAGAの関係について解説していきます。
 

ストレスとAGAに因果関係はあるの?

現在、男性の脱毛の原因のほとんどはAGAによるものと考えられています。
AGAは、男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロン(DHT)が引き起こします。男らしさを作るテストステロンが、5aリダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロンに変化すると、毛周期が短くなり髪が成長せず抜け毛が増えてしまうのです。
AGAは、こういった男性ホルモンの影響によって引き起こされます。また、AGAには遺伝的要素も強く、親がAGAの場合には子もAGAを発症する可能性が高いのです。

しかし、ストレスとAGAには直接の因果関係はないとされています。
 

ストレスによって薄毛が起きることもある

精神的なストレスがたまると体のあらゆる部位に不調が起きるものです。
ストレスは自律神経のバランスを乱し、代謝や内臓機能、ホルモンバランスなどに多大な影響を与えます。特に、ストレスによって起きる血行不良で頭皮に血流が行き届かなくなると、髪には十分な栄養素が回らなくなるため、薄毛が進行しやすくなってしまうのです。
ストレスによって円形脱毛症が起きるケースもあります。円形脱毛症が起こる原因は、ストレスで免疫が異常な働きをし、間違って毛根を攻撃してしまうことです。
また、ごく少数ですがストレスで無意識のうちに髪を抜いてしまう人もおり、抜いた部分から髪が生えにくくなってしまうことがあります。
 

ストレスを解消すれば薄毛を防げる

AGAは一度発症したら、治療をしない限りどんどん進行していきます。たとえストレスの少ない生活を心がけたとしても、薄毛の原因がAGAであった場合には薄毛を食い止めることは不可能といえるので、お医者さんに相談するのが一番です。
しかし、ストレスを解消すればホルモンバランスは整いやすくなり、血流も良くなります。ホルモンバランスの乱れや血行不良による薄毛が起きているのなら、意識的にストレスを解消していくことで改善が期待できます。
適度な運動をして十分な睡眠をとるだけで、心身のバランスは劇的に良くなります。好きなことに打ち込んだり、誰かに悩みを相談したりするのも効果的です。ストレスフルな環境にいる方は、環境を変える意識を持ちたいですね。
 
ストレスでAGAを発症することはあるの? ストレスと薄毛の関係性とは
 
現代はストレス社会と呼ばれ、多くの方がストレスを抱えて過ごしているものです。ストレスは確かに薄毛を進行させる要素の1つなのですが、AGAが原因で薄毛が進行している場合には、いくらストレスをなくしても抜け毛や薄毛を防止することはできません。
お医者さんに相談し、適切な治療を受けることがAGA改善への近道です。