AGAを引き起こすかも? 要注意な食べ物

AGAを引き起こすかも? 要注意な食べ物
 
AGAを悪化させないためには、日頃からの食習慣というのが非常に重要です。食べ物の中には、AGAを抑制するものと、反対に悪化させるものとがあります。
AGAを悪化させてしまう食べ物にはどのようなものがあるのか知っておき、日々の食事に気を使うようにしましょう。
ここでは、AGAを悪化させてしまう可能性のある要注意の食べ物の特徴をいくつかご紹介します。
 

インスタント食品や脂分の多い食べ物

ハンバーガーやフライドポテト、唐揚げやてんぷらなど、脂分の多い食べ物はAGAを悪化させやすいと言われています。
また、カップラーメンやインスタントラーメンなども要注意です。脂分を過剰に摂取すると、頭皮から分泌される皮脂を多くします。
当然、皮脂は毛穴を詰まらせることや、かぶれやフケの原因になるものです。毛根に大きな負荷をかけることになり、AGAを悪化させてしまいます。
インスタント食品に多くに含まれている添加物などが頭皮へダメージを与えてしまいます。また、インスタントラーメンなどを食べる際には、どうしてもそれ一品だけということになる傾向があり、栄養分の偏りが生じがちです。
栄養分の偏りは頭皮環境を悪くし、AGAを促進してしまう危険性があります。

 

刺激物やアルコール

刺激物というのは、唐辛子などの香辛料をイメージするかもしれませんが、それだけではありません。
コーヒーなどに含まれているカフェインも刺激物の一種で、AGAを悪化させる要因になります。
カフェインは発毛を促進させるアデノシンという成分を破壊する働きがあり、AGAの方は要注意です。1日1杯のコーヒー程度なら問題ないですが、過剰摂取は避けるようにしましょう。

また、アルコールも過剰摂取することでAGAを悪化させます。
適量を飲むのは問題ありませんが、過剰に摂取し、育毛環境を整える「たんぱく質」を作る臓器である肝臓に負担をかけることで、育毛発毛効果に影響が出てしまうのです。
コーヒーもアルコールも、ほどほどにするようにしましょう。

 

塩分

塩分は多く摂取することで血液をドロドロにしてしまいます。血液がドロドロになり血流が悪くなることで、必要な栄養素が頭皮まで運ばれず、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。
買い物をするときは、食品表示欄の塩分の量を確認し、できるだけ塩分が控えめのものを買うようにするなど、塩分の過剰摂取を避けるようにしてください。

AGA予防には良質なたんぱく質を

髪の毛はたんぱく質でできています。そのため、AGAを抑制し、元気な髪の毛を生やすためにはたんぱく質の多く含まれている、肉類、卵、牛乳、チーズなどがおすすめです。
また、大豆は良質なたんぱく質源であると同時に、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするイソフラボンが豊富で、AGAや薄毛の抑制に役立ちます。

 
AGAを引き起こすかも? 要注意な食べ物
 

髪の毛や頭皮環境は毎日口にする食べ物から作られています。
AGAや薄毛でお悩みの方は、ここで紹介したことを参考にして、発毛や育毛を助ける食事をとるよう心がけてください。