男性ホルモン「テストステロン」がAGAの発端になる? その仕組みとは 

男性ホルモン「テストステロン」がAGAの発端になる? その仕組みとは 
 
テストステロンは男性らしさを作る大切なホルモンです。しかし、テストステロンがAGAの原因になるという説を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか? 
実は、テストステロン自体がAGAを引き起こすということはほとんど起こりません。しかし、テストステロンが5aリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンになってしまうと、AGAが進行しやすくなってしまうのです。
今回は、男性ホルモンとAGAの関係性について詳しく掘り下げて紹介します。

 

男性ホルモン「テストステロン」の働きとは

主に男性の睾丸から分泌されるテストステロンは、いわゆる「男らしさ」を作り出すホルモンです。テストステロンは筋肉を作って男らしい肉体を形成し、やる気や闘争本能をアップさせてくれます。さらに、男性ホルモンであるテストステロンには、ヒゲやワキ毛といった体毛を増やす効果もあるのです。
そんなテストステロンがAGAの原因になるという話を聞いたことがある人もいると思います。しかし、テストステロンはAGAを引き起こす直接の原因というわけではありません。

 

ジヒドロテストステロンがAGAを引き起こす

AGAの原因物質は、テストステロンと5aリダクターゼという酵素が結合することによってできるジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれるジヒドロテストステロンは、男性にとってはかなりイヤな存在。
ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱し、髪の成長期を短くしてしまいます。成長期が短くなると髪は太く長く成長することができず、次第に短く痩せ細った髪しか生えなくなってしまうのです。
テストステロンと5aリダクターゼが結びつくことによって生成されたジヒドロテストステロンは、髪の毛乳頭にある受容体に刺激を与えます。すると、毛乳頭から新たに生えてくる髪も、成長を抑制されてしまうのです。

 

5aリダクターゼの分泌量をおさえるには

5aリダクターゼの分泌量をおさえるには
 

5aリダクターゼが多く分泌されてしまうとジヒドロテストステロンも生成されやすくなり、AGAのリスクも高まってしまうもの。5aリダクターゼの分泌量には個人差がありますが、その分泌量は遺伝による影響も大きいといわれています。また、食事や睡眠といった生活習慣の乱れによって、5aリダクターゼの分泌が増えてしまうこともあります。
薄毛の原因になるからと、体に必要な男性ホルモンのテストステロンを減らそうとするのは間違いです。AGAを防ぐためには、ジヒドロテストステロン生成の原因物質である5aリダクターゼの分泌を減らすことが肝心。
生活習慣の乱れを改善すれば、5aリダクターゼの分泌量を減らすことも十分に可能といえます。クリニックでテストステロンやジヒドロテストステロンの量を調べてもらったり、テストステロンと5aリダクターゼの結合を防ぐ薬でAGA治療をしたりという対策も有効です。

AGAの大きな原因は、男性ホルモンのテストステロンが5aリダクターゼと結合して生成されるジヒドロテストステロンにあります。AGAのお悩みを抱えているのなら、クリニックでジヒドロテストステロンの量を調べたり、治療法について相談してみたりするのがおすすめです。