【AGA対策】紫外線が薄毛の原因になる!? 有効な紫外線対策法とは? 

【AGA対策】紫外線が薄毛の原因になる!? 有効な紫外線対策法とは? 
 
紫外線は体にシミや日焼けといったさまざまな悪影響を及ぼすことが知られています。
そんな紫外線は実は、薄毛の原因になってしまうこともあるので気をつけたいもの。
紫外線と薄毛にはどのような関係があるのでしょうか?
そして、紫外線による薄毛を防ぐためには、どのような対策が必要なのでしょうか?
今回は、紫外線と薄毛の関係性や、AGAを食い止めるための紫外線対策方法について紹介します。

 

紫外線で髪が傷んでしまうメカニズム

髪には常に紫外線ダメージのリスクがついてまわります。

髪は黒っぽい色をしているため光を集めやすい性質があります。また、頭というのは最も高い位置にあるので、太陽光の影響を特に受けやすいのです。
頭に紫外線が当たると、髪には日焼けや乾燥がといったダメージが起こります。

紫外線ダメージによってキューティクルが破壊されると髪はパサパサになってしまい、これが抜け毛や薄毛につながることもあります。
また、頭皮の日焼けによる皮の剥けや皮膚の炎症も、薄毛のリスクを高めてしまいます。
頭皮が荒れて毛穴ダメージが進行すると、健康な髪が生えにくくなってしまうのです。

 

紫外線が髪や頭皮にもたらす悪影響

紫外線が肌に多大なダメージを及ぼしてしまうことはよく知られています。紫外線による老化現象は、顔だけでなく頭皮にも影響するのです。
強い紫外線は、体内のタンパク質を破壊、細胞の働きを低下させてしまいます。
髪の成長にはタンパク質が欠かせないのですが、紫外線によってタンパク質が壊されてしまうと、新たな髪が生えにくくなってしまいます。
肌は紫外線を浴びると活性酸素を出して身を守ろうとします。

しかし、活性酸素は肌を酸化させてしまうため、次第に頭皮ダメージが進んで抜け毛も増えやすくなってしまうのです。

 

髪や頭皮を守るための紫外線対策方法

髪や頭皮を守るための紫外線対策方法
 

髪や頭皮を守るためには、できるだけ紫外線を浴びないよう心がけたいものです。
外出するときにはUVカット機能のある帽子をかぶると良いでしょう。

最近では、紫外線対策のために日傘を取り入れるという男性も少しずつ増えています。
髪に直接つけて使うUVカットコンディショナーやヘアマスクといったアイテムを取り入れるのも良いでしょう。
紫外線を遮るためのヘアケアアイテムの使用と並行して、紫外線ダメージを軽減するための生活習慣を整えていくのがおすすめです。
抗酸化作用を持つポリフェノールを意識的に摂取すれば、頭皮のダメージが軽減されやすくなります。

髪の成長を促進してくれるビタミン類を意識的に摂取するのも良いですね。
ぐっすり眠ったりストレスを軽減したりと、髪をいたわる生活を心がけることも重要なAGA対策といえます。

髪や頭皮はひとたびダメージを受けてしまうと、回復までに時間がかかってしまうものです。
万全の紫外線対策をして、大切な髪を紫外線ダメージから守っていきましょう。
これまで浴びてしまった紫外線による薄毛の進行が気になるという人は、クリニックで相談してみるのもおすすめです。