薄毛は遺伝するって本当? AGAが遺伝するメカニズム

薄毛は遺伝するって本当? AGAが遺伝するメカニズム

AGA(男性型薄化症)は、親からの遺伝で発症するケースもあります。
そして、その遺伝には母親の遺伝子が関係している事がわかってきました。
なぜ母親から遺伝するのでしょうかか? AGA遺伝のメカニズムに迫っていきます。

AGAは母親から遺伝する?

AGAの遺伝というと、父親から遺伝するイメージを持つ方もいらっしゃるかと思いますが、実は母親からの方が遺伝の影響を受け易いことが最近分かってきました。
フランスのボン大学の研究チームが、「AGAを遺伝させる『薄毛遺伝子』はX染色体に含まれる」という研究内容を2005年に発表したのです。
これは何を意味するのでしょうか?

まず、染色体にはX染色体とY染色体の2つがあります。
そして男性の場合XYが、女性の場合XXというパターンで染色体を親から受け継ぎます。
男の子の場合、父親(XY)からY染色体が、と母親(XX)からX染色体を受け継ぐことになるのです。
そしてボン大学の研究チームは、母親のX染色体にはAGAを誘発する薄毛遺伝子が含まれるという研究結果を報告しました。

つまり、母親のX染色体に薄毛遺伝子が含まれていると、生まれた男の子には自然と薄毛遺伝子が受け継がれ、AGAを発症してしまう可能性があるということです。
一方で父親のX染色体に薄毛遺伝子があったとしても、男の子には受け継がれないため心配いりません。
また女の子場合は、そもそもAGAは発症しないためこちらも心配ありません。

注目すべきは母親側の父親

前述したとおり、母親のX染色体に薄毛遺伝子が含まれていると、男の子にAGAが遺伝してしまう場合があります。
ですが、母親のX染色体に薄毛遺伝子が含まれていたとしても母親は女性でありAGAを発症しませんので、見た目から薄毛遺伝子を持っているかを判断する事はできません。

そこでポイントとなるのが母親側の父親(祖父)です。
遺伝のパターン上、母親側の父親が持っているX染色体は、母親の子である男の子にも引き継がれます。これを「隔離遺伝」と呼びます。

このため遺伝によるAGAが気になる方は、母親側の父親が薄毛となっていないかを確認してみましょう。
母親側の父親が薄毛となっていると、あなたにもAGAが遺伝する可能性があるということが言えます。

遺伝以外にもAGAの原因はある

遺伝以外にもAGAの原因はある

たとえ薄毛遺伝子を受け継いでしまっても100%確実にAGAを発症する訳ではありません。
また一方で、ストレスや生活習慣など、遺伝以外にもAGAとなる原因はあります。
ですので、母親側の父親が薄毛だから自分も絶対にAGAとなってしまう、母親側の父親が薄毛でないから自分はAGAの心配は無いと安易に考えるのは注意しましょう。

このように現段階の研究から言えば、母親側の薄毛遺伝子がAGAの遺伝に関係してくると言えます。
AGAが気になる方母親側の父親を気にしてみてください。また、もしAGAだったとしても、自分にもAGAが100%発症するわけではありません。
生活習慣も大いに関係していることを忘れないようにしましょう。